遺言事例集

ホーム > 遺言事例集 > お世話になった方へ遺産をあげたい方

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

お世話になった方へ遺産をあげたい方

相談
甲野太郎さんは、妻に先立たれ、1人暮らしをしています。息子は3人いますが、あまり甲野太郎さんを訪ねてくることはありません。そんな中、近所に住んでいる女性(乙山花子さん)が一人暮らしの甲野太郎さんのことを心配して、毎日のように顔を見せてくれます。

甲野太郎さんは、財産の一部を乙山花子さんにあげたいと考えています。甲野太郎さんは、自宅不動産(時価3000万円)と預貯金1000万円を所有しています。
提案

甲野太郎さんには、次のような遺言を書くことを提案しました。
①自宅不動産を3人の息子に均等に相続させる。
②預貯金1000万円については、乙山花子さんに遺贈する。
③遺言執行者には、専門家である司法書士を指定する。
④付言事項 乙山さんには大変お世話になっているのでなど、遺言を作成した理由を記載する。

 
法定相続人以外の第三者に財産を遺す場合は、「相続させる」ではなく、「遺贈する」との文言を用いる必要があります。あくまで相続人でないからです。
数年後甲野太郎さんが亡くなり、甲野太郎さんの遺言書を保管していた乙山花子さんは、司法書士の事務所に相談に行きました。司法書士は、直ちに遺言執行者に就職し、相続人である息子3人と連絡をとり、遺言書のとおりに、甲野太郎さんの財産を分配してくれました。
 

遺言サンプル

①遺言者は、下記不動産を遺言者の長男甲野一郎(昭和〇〇年〇月〇日生)、次男甲野次郎(昭和〇〇年〇月〇日生)及び三男甲野三郎(昭和〇〇年〇月〇日生)に各3分の1の割合により相続させる。
記(省略)
 
②遺言者は、〇〇銀行○○支店の遺言者名義の下記預金を乙山花子(昭和〇〇年〇月〇日、住所〇〇県〇〇市〇〇〇丁目〇〇)に遺贈する。
                記(省略)
 
③遺言者は、本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。
  埼玉県川越市脇田本町〇番〇号
  司法書士 ○○〇〇
  昭和〇〇年〇月〇日
 
④付言
 私の近所に住む乙山花子さんは、毎日のように私の自宅に通ってくれて、私の食事や身の回りの世話をしてくれました。私は自宅で安心した生活をおくることができ、乙山花子さんにとても感謝しています。そのため第2項記載の預貯金を乙山花子さんに遺贈することにしました。息子たちは不満に思うかもしれないが、どうか私の最後の遺志として尊重してほしい。

解説

法定相続人以外の第三者に財産を与えたいという場合に、最も有効な手段は遺言といえるでしょう。つまりは、遺言がなければ、財産を相続人以外の人に残すことはできません。核家族化が進行し、孤独な高齢者が増えている昨今、遠くに住む肉親よりも自分の毎日の生活の支えとなってくれた誰かに対し、感謝の気持ちを込めて何かを遺したいというケースは、現実に増加しているのではないでしょうか。このようなニーズを背景に、遺言が今後ますますその重要性を増してくるものと考えられます。
 
このようなケースの場合、遺留分の問題を避けて通れません。すなわち、いざ相続となったときに、子たちが受遺者に対し、異議を申立ててくる可能性が考えられます。法定相続人である子には遺留分があるからです。このような事態に備え、遺言書の付言事項を用いて、なぜ第三者に対し、遺産を遺したいのかを記入したり、遺言執行者には法定相続人ではない専門家を指定しておいたりするなどの準備が必要になります。

無料相談受付中!

ページのトップへ