もっとくわしく遺言ノート


ホーム > 公証役場の選び方


文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

公証役場の選び方

遺言を公正証書で作成するには、作成してもらう公証役場(及び公証人)を決定する必要があります。市役所などとは異なり、普段の生活ではあまり公証役場に行く機会はありませんので、どこの公証役場に相談したらよいか心配されている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、公証役場の選び方について、ご説明していきます。

■公証役場はどこでもいいの?

遺言を作成する方が出向けるのであれば、全国どこの公証役場でも作成することができます。お近くの公証役場がよい、と考える方が大半かと思います。お近くの公証役場がどこにあるか分からない方は、日本公証人連合会のホームページ(http://www.koshonin.gr.jp/index2.html)をご参照ください。

■公証役場に出向けない場合には?

外出が難しい方や入院されている方など、公証役場に出向けない方が遺言を作成する場合には、作成を担当する公証人にご自宅や病院に出張してもらうことができます。ただ、この場合には、どこの公証役場でもよいわけではありません。公証役場で執務する各公証人は、各都道府県の法務局に所属しており、当該法務局が管轄する同都道府県内でしか職務を行うことができないためです。具体的には、遺言の作成場所である公証人の出張先を基準に判断することになります。
たとえば、東京都在住の方が埼玉県の老人ホームに入所することになり、当該老人ホームで遺言を作成する場合には、たとえ近所の公証役場と親しくしていたとしても、東京都の公証人が埼玉県の老人ホームに出張して職務を行うことはできません。この場合には、埼玉県の公証役場を探す必要があります。

■どこの公証役場でも対応は同じ?

公証役場では各公証役場によって1人から数人の公証人が執務されており、どの公証人にも公正証書遺言の作成を相談することができます。ただ、どこの公証役場、どの公証人でも対応は同じかというと、やはり個性や特色があるように思います。親身になって相談に乗っていただける公証人にお願いしたいところですね。なお、公証役場に支払う手数料は法定されておりますので、どこの公証役場、どの公証人に依頼しても手数料額は同一となります。

■パートナーズでは

当事務所では、最寄りの川越公証役場で数多くの公正証書遺言作成実績があり、公証人の先生方との毎回の打合せを通じて、相談しやすい環境が整っております。ご自身で直接公証役場に相談するのが心配な方は、ぜひ当事務所にご相談ください。こちらでお話をお伺いし、皆様に代わって公証人の先生と打合せを行います。川越公証役場の公証人の先生方は、みな大変お人柄もよく、ぜひ川越公証役場で遺言を作成していただきたいところですが、ご希望の公証役場(ご自宅の近くなど)がございましたら、その旨をお知らせください。どこの公証役場であっても、十分に打合せを行い、最適な遺言作成を支援させて頂きます。

 

<当事務所の対応可能公証役場>
川越公証役場、浦和公証役場、川口公証役場、春日部公証役場、熊谷公証役場、越谷公証役場、東松山公証役場、大宮公証役場、所沢公証役場、池袋公証役場、練馬公証役場、ほか多数)

 

(執筆担当:司法書士 脇 博喜

無料相談受付中!

お問い合わせはお気軽に

無料資料請求

遺言POSTの5つの特徴

お客様の声はこちら

お客様とじっくり面談させていただき ご希望通りの遺言を実現するお手伝いをさせていただきます。

私たち専門家が遺言作成をサポートします。


パートナーズ司法書士事務所

パートナーズ司法書士事務所 相続相談プラザ

街かどワンコインセミナー

ページのトップへ